费恩曼物理学讲义(新千年版)第1卷

《费恩曼物理学讲义》是经久不衰的物理学教材及(高级)科学普及读物。讲义对物理学的全貌进行了细致、富有见地的阐述。全书物理概念、理论框架清晰,同时讲述生动、富有启发性。新千年版在原有讲义基础上,充分吸收多年来的读者意见,精益求精。《费恩曼物理学讲义》是广受推崇的经典,深受一代代读者青睐。这使得此讲义不仅是优秀的教材、科普读物,同时也富有收藏价值。
  • ISBN:978-7-5478-1636-3/O.18
  • 著译者:[美]费恩曼, 莱顿,桑兹 著; 郑永令,华宏鸣,吴子仪 等 译
  • 定价:¥98元
  • 出版时间:2013-04-01
  • 版次:01
  • 印次:04
  • 装帧:平装
  • 开本:16
  • 字数:80 万
  • 页数:557
       《费恩曼物理学讲义》拥有同类教材无法企及的深度和广度。全书共分三卷:第一卷对物理学的全貌进行阐释,第二卷对电磁学内容进行更细致的讲解,第三卷对量子理论进行深入浅出的介绍。
        第一卷主要内容涉及力学、电磁学、光学、量子力学、统计物理,具体包括:物理学研究的基本方法、物理学在自然科学中的位置;时间、距离等基本物理概念;如何描述运动;牛顿动力学定律;牛顿万有引力定律;功和势能的概念;能量守恒、动量守恒;狭义相对论及时空概念;转动;光的性质;电磁性质;量子行为等。

1、目录
第1章 原子的运动
1—1引言
1—2物质是原子构成的
1—3原子过程
1—4化学反应
第2章 基本物理
2—1引言
2—21920年以前的物理学
2—3量子物理学
2—4原子核与粒子
第3章 物理学与其他科学的关系
3—1引言
3—2化学
3—3生物学
3—4天文学
3—5地质学
3—6心理学
3—7情况何以会如此
第4章 能量守恒
4—1什么是能量
4—2重力势能
4—3动能
4—4能量的其他形式
第5章 时间与距离
5—1运动
5—2时间
5—3短的时间
5—4长的时间
5—5时间的单位和标准
5—6长的距离
5—7短的距离
第6章 概率
6—1机会和可能性
6—2涨落
6—3无规行走
6—4概率分布
6—5不确定性原理
第7章 万有引力理论
7—1行星运动
7—2开普勒定律
7—3动力学的发展
7—4牛顿引力定律
7—5万有引力
7—6卡文迪什实验
7—7什么是引力
7—8引力与相对论
第8章 运动
8—1运动的描述
8—2速率
8—3速率作为导数
8—4距离作为积分
8—5加速度
第9章 牛顿的动力学定律
9—1动量和力
9—2速率与速度
9—3速度、加速度以及力的分量
9—4什么是力
9—5动力学方程的含义
9—6方程的数值解
9—7行星运动
第10章 动量守恒
10—1牛顿第三定律
10—2动量守恒
10—3动量是守恒的
10—4动量和能量
10—5相对论性动量
第11章 矢量
11—1物理学中的对称性
11—2平移
11—3转动
11—4矢量
11—5矢量代数
11—6牛顿定律的矢量表示法
11—7矢量的标积
第12章 力的特性
12—1什么是力
12—2摩擦力
12—3分子力
12—4基本力、场
12—5赝力
12—6核力
第13章 功与势能(上)
13—1落体的能量
13—2万有引力所作的功
13—3能量的求和
13—4巨大物体的引力场
第14章 功与势能(下)
14—1功
14—2约束运动
14—3保守力
14—4非保守力
14—5势与场
第15章 狭义相对论
15—1相对性原理
15—2洛伦兹变换
15—3迈克耳逊—莫雷实验
15—4时间的变换
15—5洛伦兹收缩
15—6同时性
15—7四维矢量
15—8相对论动力学
15—9质能相当性
第16章 相对论中的能量与动量
16—1相对论与哲学家
16—2孪生子佯谬
16—3速度的变换
16—4相对论性质量
16—5相对论性能量
第17章 时空
17—1时空几何学
17—2时空间隔
17—3过去,现在和将来
17—4四维矢量的进一步讨论
17—5四维矢量代数
第18章 二维空间中的转动
18—1质心
18—2刚体的转动
18—3角动量
18—4角动量守恒
第19章 质心、转动惯量
19—1质心的性质
19—2质心位置的确定
19—3转动惯量的求法
19—4转动动能
第20章 空间转动
20—1三维空间中的转矩
20—2用叉积表示的转动方程式
20—3回转仪
20—4固体的角动量
第21章 谐振子
21—1线性微分方程
21—2谐振子
21—3简谐运动和圆周运动
21—4初始条件
21—5受迫振动
第22章 代数学
22—1加法和乘法
22—2逆运算
22—3抽象和推广
22—4无理数的近似计算
22—5复数
22—6虚指数
第23章 共振
23—1复数和简谐运动
23—2有阻尼的受迫振子
23—3电共振
23—4自然界中的共振现象
第24章 瞬变态
24—1振子的能量
24—2阻尼振动
24—3电瞬变态
第25章 线性系统及其综述
25—1线性微分方程
25—2解的叠力口
25—3线性系统中的振动
25—4物理学中的类比
25—5串联和并联阻抗
第26章 光学:最短时间原理
26—1光
26—2反射与折射
26—3费马最短时间原理
26—4费马原理的应用
26—5费马原理的更精确表述
26—6最短时间原理是怎样起作用的
第27章 几何光学
27—1引言
27—2球面的焦距
27—3透镜的焦距
27—4放大率
27—5透镜组
27—6像差
27—7分辨本领
第28章 电磁辐射
28—1电磁学
28—2辐射
28—3偶极辐射子
28—4干涉
第29章 干涉
29—1电磁波
29—2辐射的能量
29—3正弦波
29—4两个偶极辐射子
29—5干涉的数学
第30章 衍射
30—1n个相同振子的合振幅
30—2衍射光栅
30—3光栅的分辨本领
30—4抛物形天线
30—5彩色薄膜、晶体
30—6不透明屏的衍射
30—7振荡电荷组成的平面所产生的场
第31章 折射率的起源
31—1折射率
31—2物质引起的场
31—3色散
31—4吸收
31—5电波所携带的能量
31—6屏的衍射
第32章 辐射阻尼、光的散射
32—1辐射电阻
32—2台皂量辐射率
32—3辐射阻尼
32—4独立的辐射源
32—5光的散射
第33章 偏振
33—1光的电矢量
33—2散射光的偏振性
33—3双折射
33—4起偏振器
33—5旋光性
33—6反射光的强度
33—7反常折射
第34章 辐射中的相对论性效应
34—1运动辐射源
34—2求“表观”运动
34—3同步辐射
34—4宇宙中的同步辐射
34—5轫致辐射
34—6多普勒效应
34—7w、k四元矢量
34—8光行差
34—9光的动量
第35章 色视觉
35—1人眼
35—2颜色依赖于光的强度
35—3色感觉的测量
35—4色品图
35—5色视觉的机制
35—6色视觉的生理化学
第36章 视觉的机制
36—1颜色的感觉
36—2眼睛的生理学
36—3视杆细胞
36—4(昆虫的)复眼
36—5其他的眼睛
36—6视觉的神经学
第37章 量子行为
37—1原子力学
37—2子弹实验
37—3波的实验
37—4电子的实验
37—5电子波的干涉
37—6追踪电子
37—7量子力学的基本原理
37—8不确定性原理
第38章 波动观点与粒子观点的关系
38—1概率波幅
38—2位置与动量的测量
38—3晶体衍射
38—4原子的大小
38—5能级
38—6哲学含义
第39章 气体分子动理论
39—1物质的性质
39—2气体的压强
39—3辐射的压缩性
39—4温度和动能
39—5理想气体定律
第40章 统计力学原理
40—1大气的指数变化律
40—2玻尔兹曼定律
40—3液体的蒸发
40—4分子的速率分布
40—5气体比热
40—6经典物理的失败
第41章 布朗运动
41—1能量均分
41—2辐射的热平衡
41—3能量均分与量子振子
41—4无规行走
第42章 分子动理论的应用
42—1蒸发
42—2热离子发射
42—3热电离
42—4化学动力学
42—5爱因斯坦辐射律
第43章 扩散
43—1分子间的碰撞
43—2平均自由程
43—3漂移速率
43—4离子电导率
43—5分子扩散
43—6热导率
第44章 热力学定律
44—1热机、第一定律
44—2第二定律
44—3可逆机
44—4理想热机的效率
44—5热力学温度
44—6熵
第45章 热力学示例
45—1内能
45—2应用
45—3克劳修斯—克拉珀龙方程
第46章 棘轮和掣爪
46—1棘轮是怎样工作的
46—2作为热机的棘轮
46—3力学中的可逆性
46—4不可逆性
46—5序与熵
第47章 声、波动方程
47—1波
47—2声的传播
47—3波动方程
47—4波动方程的解
47—5声速
第48章 拍
48—1两列波的相加
48—2拍符和调制
48—3旁频带
48—4定域波列
48—5粒子的概率幅
48—6三维空间的波
48—7简正模式
第49章 波模
49—1波的反射
49—2具有固有频率的约束波
49—3二维波模
49—4耦合摆
49—5线性系统
第50章 谐波
50—1乐音
50—2傅里叶级数
50—3音色与谐和
50—4傅里叶系数
50—5台皂量定理
50—6非线性响应
第51章 波
51—1舷波
51—2冲击波
51—3固体中的波
51—4表面波
第52章 物理定律的对称性
52—1对称操作
52—2空间与时间的对称性
52—3对称性与守恒定律
52—4镜面反射
52—5极矢量与轴矢量
52—6哪一只是右手
52—7宇称不守恒
52—8反物质
52—9对称破缺
索引
附录
(1-1节,2-1节,7-7节,7-8节,28-1节)

费恩曼物理学讲义(新千年版)第3卷
费恩曼物理学讲义(新千年版

著者:[美]费恩曼, 莱顿,桑兹 著; 潘笃武,李洪芳 译,
定价:¥ 78.00元购买

费恩曼物理学讲义(新千年版)第2卷
费恩曼物理学讲义(新千年版

著者:[美]费恩曼, 莱顿,桑兹 著; 李洪芳,王子辅,钟万蘅 译,
定价:¥ 98.00元购买

会员登录
还没有账号立即注册